作業者

24時間風呂について|思い立ったら資料を請求

保温して節電

浴室

浴室にあったものを

風呂ふたにはお湯の温度が下がるのを防ぐ効果があります。そのため、ガス代や電気代を節約するために欠かせないのです。さて、風呂ふたといっても主に3つの種類のものがあります。それぞれに特徴があるので家庭にあったものを選びましょう。 まず、一つ目に紹介するのはシャッター型と呼ばれる風呂ふたです。ふたをしていない時は、巻いて収納するタイプとなっています。また、軽量で扱いやすいという特徴があります。ゴロゴロと転がすことで開閉ができ、お年寄りなどにも使いやすくなっているのです。流通している量も多いので求めやすくなっています。 次に紹介するのは、折りたたみ型と呼ばれる風呂ふたです。こちらは、複数の板をたたんで収納するタイプです。シャッター型よりも溝が少ないので、手入れがしやすいという特徴があります。また、一部だけ蓋を開けられるので、お湯の温度低下や蒸発を制限することもできます。 最後に紹介するのは、組み合わせ型の風呂ふたです。構造はシンプルで2枚もしくは3枚ほどの板を浴槽にのせて使用します。ふたをしないときは、立てて保管します。メリットは、溝が少ないので保温力が高く、手入れも簡単であるということです。カビが生えにくいので、風呂全体も清潔に保てるでしょう。 以上に挙げた三種類の風呂ふたの特徴を比べ、何を優先するか考えて選び、エネルギーの節約に取り組んでいきましょう。また、浴室のスペースやデザインも考慮することで快適なお風呂周りの環境も整います。